2006年10月26日

現在の時計

時計は現在、生活においてなくてはならないものになりました。

全てが、時間のスケジュールに刻まれ、人は時間を機にせずに生活することはなくなり、時計を持ち歩かなくても時間を気にして行動するのです。


20世紀後半にはモーターで動く時計が発明されて、機械式時計に対し脱進機にトランジスタを使ったトランジスタ時計や、調速機に RC 発信回路を使った時計、音叉を使った音叉時計などが開発されたが、水晶振動子を使ったクォーツ時計、セシウム原子の振動を利用した原子時計等の高精度な時計の出現により、ほとんど姿を消した。

クォーツ時計は廉価で小型化が可能で、一月に 15 秒ほどと実用上十分の精度があるため一般的に使われている。

一方原子時計は 2000 万年に 1 秒くらいのくるいという高精度を持つものの、21 世紀初頭の段階では廉価・小型化が難しい。そこで、適当な頻度で原子時計の時報を電波で受信し、クォーツ時計の時刻を自動修正する電波時計も利用されている。

クォーツ時計が一般化する前の電気式時計では、アナログ式では電源周波数に同期して回転するサーボモータを使ったり、デジタル式では電源周波数より1秒毎のパルスを得て駆動していた。

posted by 時計仕掛け at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計

現在の時計のはじまり

現在の時計の基礎が出来たのは、1700年にはいってからだと言われております。

1800年にかけて時計制作においえ天才時計師として名高いアブラアン・ルイ・ブレゲ(1747年 - 1823年)です。

1800年代は世界的に大きな革命、産業革命にはいります。

産業革命などの影響で、時計の開発も飛躍的に進歩したのです。


永久カレンダー、ミニッツリピーターなど、現代の機械式時計にも用いられている画期的な発明を数多く発明されました。


ブレゲは、数々の傑作を生み出したが、そのなかでも最高傑作として名高い逸品が、王妃マリー・アントワネットのために制作された懐中時計「マリー・アントワネット」であす。


永久カレンダー、ミニッツリピーター、自動巻き、独立した秒針などを懐中時計サイズで実現するためにブレゲは持てる技術のすべてをつぎ込んだが、王妃が断頭台にて非業の死を遂げたため、ついに完成品は王妃の手に渡ることはなかったそうです。


その後、懐中時計の「マリー・アントワネット」は美術館に所蔵されていたが、1983年に盗難されてしまい、いまだに見つかってないのです。

posted by 時計仕掛け at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計

振り子時計の発明

振り子時計

振り子の動力による時計を思いついたのは、有名なガリレオガリレイだとされてます。

ガリレオガリレイといえば、地理、天文の学者で地動説を唱えて処罰されたいわれてます。

当時、地球が宇宙の中心で、地球の周りを天体が周回していると考えられていたのに、地球が回っているのだと考えはあまりに受け入れがたいせつだったのでしょう。

振り子を動力とした時計は、のちに別の人がつくりました。
振り子時計は大型だったので、後にゼンマイによる時計が別の人によって開発され小型の時計ができたとされてます。

ゼンマイそのものは1500年頃すでに発明されており、1654年ロバート・フックはひげゼンマイの研究を行い、それが振り子と同じく一定周期で振動することを発見し、1675年ホイヘンスはこの原理を利用した懐中時計を開発したのです。

posted by 時計仕掛け at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計

機械時計のはじまり

いまの機会仕掛けの時計の始まりとしては、いつ頃からでしょうか?

14世紀に入ってからとされてます。

14世紀頃の出来事としましては、日本では、鎌倉時代の末期で室町時代に突入するころ。

ヨーロッパでは、イギリス、フランス間で百年戦争があったり、ルネッサンスの初期にあたるのではないでしょか?

中国では明王朝の時代

そんな時代に、機械仕掛けの、時間を刻む機械の時計が発明されたとはほんと驚きです。


仕掛けとしては、駆動軸の動きををりようして、おもりの上げ下げによる動力でうごいていたとされていたということです。


機械の時計はこんな古い時代からあったのですね。
posted by 時計仕掛け at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計

時計について

時計っていつ頃できたか知ってますか?

一説によると、紀元前2000年頃と言われてます。

そう、日時計ですね。

古代エジプト王朝の時代からとされてます。
天文観測から、太陽暦がつくられたことから、

朝、昼、夜の時間の概念がなされていたと考えられています。

日時計の陰が 一定の位置を指したら休憩とか、食事、など、そんな使われ方をしたのでしょうか?

今の時刻を知るための物、というよりも短い一定の期間を知るための道具だったのでしょう。

日時計は、もちろん晴天時しか使えませんから、夜間、や日時計が使えないときは、線香が燃え尽きるなどで時間を計測したり、砂の流動で時間を計るなどの計測方法があったようです。

それぞれ、燃焼時計、砂時計ってことでしょうね。



posted by 時計仕掛け at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計