2006年10月26日

時計について

時計っていつ頃できたか知ってますか?

一説によると、紀元前2000年頃と言われてます。

そう、日時計ですね。

古代エジプト王朝の時代からとされてます。
天文観測から、太陽暦がつくられたことから、

朝、昼、夜の時間の概念がなされていたと考えられています。

日時計の陰が 一定の位置を指したら休憩とか、食事、など、そんな使われ方をしたのでしょうか?

今の時刻を知るための物、というよりも短い一定の期間を知るための道具だったのでしょう。

日時計は、もちろん晴天時しか使えませんから、夜間、や日時計が使えないときは、線香が燃え尽きるなどで時間を計測したり、砂の流動で時間を計るなどの計測方法があったようです。

それぞれ、燃焼時計、砂時計ってことでしょうね。



posted by 時計仕掛け at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1555486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック